英検(英語検定)を持っていると高校入試に有利?│福岡で直接契約・個人契約のプロ家庭教師

top
ホーム > 英検を持っていると高校入試に有利?

英検を持っていると高校入試に有利?

中高生に人気No1の英語検定

中学生や高校生(最近は小学生も)が受ける検定試験で最も有名なのは、英語検定と言えるでしょう。

私が中学時代からよく言われていたのが、「英語検定を持っていると内申書に記載され、受験時に有利になる。」と言うものでした。 それは現在でも同じようなことが言われ、現に当サイトにも上記の検索キーワードでアクセスされる方が多々いらっしゃいます。

そこで今回は英語検定を取得していると受験に有利なのかについて、私の考えを書こうと思います。

入試当日の点数が第一優先

まず、結論から申しますと、持っている級や受ける学校の水準によってその価値も変わってくるとは思いますが、 英検を取得していたとしても、合否にはそれほど大きな影響を与えません。 「持っていないよりは持っていた方がいいかもね。」という程度の影響力だと思います。

下位の水準の高校であれば、英検3級や準2級を取得していることで、合格に良い影響を与えるかもしれません。 一方、平均以上の水準の高校でしたら、入試当日の点数が優先され合否の判断がされます。 例えば、入試当日の点数に、英検3級取得者は5点加算されることはありません。 やはり、入試当日の点数によって、合否が決まるのです。

推薦入試は普通入試と比べて、資格などが評価される傾向にあります。 そのときも中学生なら準2級以上、高校生なら準1級以上でないと評価はされないと考えられます。 それ以下の級であれば、持っていて当たり前と判断され、アピールにはなりません。

検定試験は日々の学習の目標に!

それでは、英検なんて取っても無駄なのかと言われれば、そういうわけでもないのです。 英検を受けることで得られることも多くあります。

まず、学校の試験前以外でも勉強へのモチベーションを高めることができます。 現在、福岡市内の中学校では、年に4回の定期試験が行われています。以前と比べると年間の定期試験の実施回数が減りました。 ですから、学期間に一度しか試験が行われない1学期や3学期は、英検を受験させることで勉強への緊張感を保ちます。

また、英検の試験勉強により生徒の英語の語彙力を高め、また普段は解くことが少ない英語長文に触れる機会にもなるでしょう。 英検を受験した経験が、結果的に入試に有利にはたらく可能性はあります。

おわりに

英検を受ける中学生には、内申書のためではなく 「自らの英語力を高める、英語を学習するうえでの目標にする」といった気持ちで勉強に励んでほしいと思います。 年間を通してモチベーションを維持するのは容易なことではありません。 英語検定だけでなく、漢字検定や数学検定などの検定試験を利用し、学力アップに努めてください。

(2016.3.1更新)

copyright (c) 2012 funakichi katekyoshi All right reserved.