個人契約|福岡の家庭教師ふなきちの理念・方針・合格実績(福岡市 私立中学校受験 西南中、大濠中、上智福岡中、高校受験)

top1
top2
ホーム > 理念・方針・合格実績
 

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

集団型の学習塾にはさまざまな点で限界があり、家庭教師の重要性を実感しています。 しかし、家庭教師は費用が掛かり、ハードルが高い印象があります。 そのため、ご家庭の費用負担を最低限に抑えることのできる 個人契約の家庭教師の必要性に気が付き、運営を始めました。

さまざまな社会問題を抱える日本社会において、次世代の育成は重要です。 一人でも多くの子供に、自ら考える力を育み、目標に向けて頑張ることの楽しさを伝えたいと考えています。

基礎学力アップ、志望校合格、 不登校の支援を行い、疾風怒濤の時代と呼ばれる思春期を謳歌することができるように、 全力でサポートします。

1.生徒の状況にあわせた学習支援

集団型学習塾では個々の生徒の学習状況に合わせた指導が受けられません。 また、個別指導塾では、担当する講師が毎回変わったり、安い時給で雇われた学生の監視が付いているだけの有料自習室のような塾が少なくありません。

 

家庭教師ふなきちでは、生徒の学習状況がどの水準にあるのかを精査し、必要があれば過去に遡り復習を行い、「わからない」を根本的に改善させます。

2. 12年の経験を活かした質の高いプロの指導

プロの定義付けは難しい問題です。よく「学生であるか、社会人であるか」が判断基準とされがちですが、私としてはその判断基準は間違っていると思っています。 私は、医療大学を卒業して、働きながら10年以上通信制の大学で学び続けています。 日本では社会人学生は少ないですが、欧米では働きながら大学などで学ぶ社会人は決して珍しくありません。 学び続けているからこそ、生徒と同じ視点に立ち、二人三脚で頑張ることができると思っています。

 

私が自分自身をプロと呼ぶ根拠は、家庭教師の業務を行ううえで多くの投資を行い、その指導に自信を持っているからです。 その投資とは、1つ目はお金です。これまで多くの問題集、参考書を購入し、さらに大学で心理学や教示法などを学びました。 2つ目は、時間です。購入した問題集や参考書を利用し研究を行い、理解力に磨きをかけ、また教材を自作します。 大学では自身の得た知識や勉強を生徒に伝えるうえで必要なことを身につけます。

 

このような努力があるからこそ、私は自信をもって生徒に指導をすることができます。 また、保護者の方からも「やっぱりプロの指導は違いますね!」と仰っていただけると思っています。

3.適正価格でコスパの高いサービス提供

家庭教師センターを通して、経験豊富なプロ家庭教師をつけるとなると、かなり高額な金額になります。 入会料、契約料、更新料など指導料以外の請求があったり、高額な教材(市販のものと同等か低品質)の購入が必要な家庭教師センターは多くあります。

 

家庭教師のふなきちでは、このような余計な料金は一切ありません。毎月の御月謝は、シンプルに「指導料+交通費のみ」。 教材に関しては、自作の無料プリント+必要に応じて市販の問題集を利用します。

 

教育関係の求人情報などを見ると、「初心者歓迎!事前の準備は必要なし!サクッと授業をして高時給」といった謳い文句の個人指導塾などで溢れかえっています。 私の指導料は、個別指導塾と比べたら「安い」「低価格」ではないかもしれませんが、コストパフォーマンスのよいサービスが提供できるように、努力し続けています。

@ 理解できるまで根気よく丁寧に指導

勉強がわからなくなる理由は、授業が理解できずにそのままにしてしまうからです。 「授業についていけない」、「成績がよくない」からと言って、「勉強の才能がない」わけではありません。 理解できるまで、根気よく指導します。

 

A 宿題での反復練習で確実に定着させる

学力は一朝一夕で身に付くものではありません。 初めて学んだことは、繰り返し練習しないとすぐに忘れてしまいます。

 

新しく学んだことを定着させるために授業後の宿題が必要不可欠です。 宿題は、授業と1セットと考え、必ず行うようにしてください。

 

B 答えは教えない(自ら考える力を養う)

自ら考える力を身に着けてほしいので、分からない問題の答えを教えることはありません。 その代りに答えにつながるヒントを与え、自ら答えに行きつけるように導きます。

 

定期テストや入学試験では、自分の知識と考える力だけを頼りに問題を解かなければなりません。 自ら考えて問題を解く練習を普段の授業で身に付けることを目標とします。

 

C 頭ごなしにどなったり、強制的な勉強はさせない

頭ごなしに怒鳴って、勉強を強制しません。 「宿題をしないと怒られるから」 「成績があがらないと怒られるから」という理由で勉強をしても、生徒さんは成長できないからです。

 

新しく学んだことを定着させるために授業後の宿題が必要不可欠です。 宿題は、授業と1セットと考え、必ず行うようにしてください。

2021年度(2022年3月16日現在)
Mくん 佐賀大学(共通テスト 数学対策)
Sくん 大濠高校(特進)、福岡高校
Hくん 九州高校(進学)
Tくん 飯塚高校

2020年度
Yくん 熊本マリスト中、弘学館中、上智福岡中、西南学院中、福大付属大濠中

2019年度
Hくん 東福岡高校(特進英数)
Kくん 東福岡高校(特進)
Nさん 博多女子中学(特待)

2018年度
Sくん 九州高校(準特)、香椎高校(特進)
Hさん 東海大附属福岡高校(1類)、博多青松高校(普通科1部)
Yくん 九州高校(進学)

こちらで紹介している学校については、過去問を所有している、または指導に慣れている学校と捉えていただければと思います。 合格を保証するものではありません。

 

その他の合格実績は、私立中学は小学生コースへ。 高校は中学生コースをご覧ください。

copyright (c) 2015 funakichi katekyoshi All right reserved.