個人契約|福岡の家庭教師ふなきちの「博多女子中学校に進学した教え子の話と指導内容」(福岡市 私立中学校受験 西南中、大濠中、上智福岡中、高校受験)

top1
top2
 
ホーム > 私立中学受験サポートページ > 博多女子中学校に進学した教え子の話と指導内容
 

博多女子中学校に進学した教え子の話と指導内容

私が指導を始める前

最初に私のところにご依頼のメールが来たのは、5年生の秋ごろでした。4年生のころから、福岡では最大手の進学塾に通っており、その当時は「西南中」「上智福岡中」を目指していました。

ただ、生徒の本人はとても物静かな性格をしており、積極的に塾講師に質問することを苦手としていたことや塾の雰囲気に馴染めなかったそうで、それを塾側に相談すると「このままでは中学受験を乗り越えるのは難しいのでは」と言われ、同塾が運営している個別指導を勧められたそうです。

しばらくは個別指導を受けていたのですが、そのときの塾の対応と個別指導の料金の高さが気になり、退塾を決意。それと同じ時期に、私のホームページを見つけ、ご依頼のメールをいただきました。

指導開始後から志望校選定まで

最初は、塾で使用していたテキストを用いて授業を行っていました。それから四谷大塚のテキストを用いて、週2回のうち1回は算数、2回は理科、社会を交互に行っていました。また当時は、西南学院中、上智福岡中の過去問の傾向に合った問題を織り交ぜながら指導をしていました。

ある時、お兄さんが通っている地元の公立中学校で男子生徒たちが女子生徒にセクハラ紛いのことをする問題が発生したり、その子が通っている小学校でも一部の男子児童がセクハラに当たる発言が問題になっていたことがきっかけで、生徒自身が女子中学校に通いたいと言うようになりました。

そこで、私が自宅から30分で通えて、高校受験時に外部の高校を受験することが可能である「博多女子中学校」を勧めました。福岡高校など上位校への進学者もいて、学校の評判も良く、学費の全額免除、半額免除、3分の1免除など、特待選抜制度が充実しており、特待選抜テストに合格できれば学費を抑えることができるため、生徒さんも親御さんも前向きに受験を検討されたようです。

志望校が決まってからは、市販されている博多女子中学校の過去問(国、算)、秋ごろの入試説明会で学校から配布された特待選抜用の過去問(国・算・理・社)をメインに指導しました。四谷大塚のテキストで勉強していたため、本人にとってはそれほど難しさは感じなかったようです。

入試内容

入試の実施日は、A日程が1月6〜10日の土日、祝日あたりで、特待選抜がその翌週だった思います。私の教えていた生徒は、特待生での入学を希望していたため、特待の単願で受験をしました。

受験科目は、特待選抜を希望する生徒は、国語(100点)、算数(100点)、理科・社会(各50点の合計100点)です。 一方、A日程は国語、算数の2教科のみです。

特待選抜とA日程とで試験の内容は別です。A日程の方は、それほど難しくはありません。 小学校の基礎的な問題をしっかりと身に着けておけば、問題なく解けるでしょう。

一方で、特待選抜に関しては、私立中学の受験対策をしていなければ、対応できない問題も含まれています。市販はされていないので手に入れるためには、博多女子中学校の説明会に参加しなければなりません。

とは言っても、他の私立中学校と比べて、特別に難しい内容ではありません。難易度で言えば、西南学院中、上智福岡中の入試よりはやや簡単と言った感じでしょうか。四谷大塚を予習シリーズのテキストを熟せるだけの学力があれば、十分に合格できると思います。

入試結果は合格

入試直前は、過去問と模擬問題をひたすら解いていました。 「わからないことをわかるようになるのが勉強。問題を解いて、間違ったり、わからなかったらラッキーなこと、喜ぶべきことなんだよ」と繰り返し言い聞かせていました。

受験生の中には、過去問や模擬問題が解けなくて、落ち込んだり、場合によっては泣き出す子がいます。その時間が非常にもったいないです。ポジティブシンキングが重要です。

そして、テスト当日を迎えました。同じ小学校の同級生も受験していたこともあり、あまり緊張はしなかったそうです。 保護者同伴の面接もそれほど堅苦しいものではなく、志望動機の確認と中学生になったら頑張りたいことなど、聞かれたそうです。

結果は見事に合格。学費の半分免除される特待生に選ばれました。

博多女子中学校での3年間

博多女子中学校の授業の内容は、基本的には公立中学校と同じ内容でした。 ただ、公立中よりはペースが早く、3年生のときに入試対策に力を入れている印象でした。 また、学校行事では公立中学校では体験できないことが多く、本人、親御さんともに高評価だったようです。

高校受験時は、福岡高校を受験することになりました。 生徒によると、女子だけの学校生活もそれなりに大変だったそうです。 本人の努力の甲斐あって、無事に福岡高校に合格することが出来ました。

おそらく、地元の中学校に通っていれば、福岡高校への合格は難しかったのではないかと思います。 地元の中学校は最近は少しずつ悪い話も聞かなくなってはきましたが、毎年福岡高校への合格者がほんのわずかしか出ていませんので。

公立中学校への進学に懸念のある方は、博多女子中学校への進学も一つの選択肢として検討されると良いと思います。 男子にも中学3年間のみ通える私立中があるといいのですが。

2017年9月9日更新

関連記事

博多女子中学校とは?受験した教え子の志望動機

copyright (c) 2015 funakichi katekyoshi All right reserved.