個人契約|福岡の家庭教師ふなきちのプライベートダイアリー(福岡市 私立中学校受験 西南中、大濠中、上智福岡中、高校受験)

top1
top2
 
ホーム > ふなきちダイアリー > 2021年6月18日 コロナ禍で結婚式を挙げました

2021年6月18日 コロナ禍で結婚式を挙げました

私事ではありますが、6月13日に結婚式を挙げました。


     サムシングブルーで星空のようにライトアップされるチャペル。

コロナ禍で無事に執り行うことができましたが、本当に大変でした。 緊急事態宣言が発令中だったので、披露宴の時間が2時間30分から1時間30分に短縮。さらにアルコールの提供の禁止。



昨年の夏ごろから計画をはじめたのですが、コロナが終息していないだろうと思い、身内と少数の友人のみを招待した小規模な結婚式を計画しました。

私が招待をした友人ゲストのほとんどが福岡県外に在住していることもあって、5月ごろから1人、また1人と欠席者が出てしまい、14人招待して来ることができたのは3人だけ。

仕方のないことだとは言え、さすがに落ち込みました。



会場は薬院にあるKKRホテル博多だったのですが、各卓の人数を通常よりも減らして、席の間にはアクリル板を立てて距離を取り、また出席者の人数の数倍入る大きな部屋に変えていただいたり、感染に備えて多くの配慮をしていただきました。

さらに披露宴の時間が短縮された分は、披露宴終了後にホテルのロビーやチェペル、ガーデンなどでカメラマンに写真撮影をしていただきました。

本当に有難かったです。



欠席者が続出して、「盛り上がらなかったらどうしよう」とか、「新婦側のゲストから変な風に見られないか」とか不安に思っていましたが、 福岡に住む小中学校の同級生たちが駆けつけてくれて、みんなで盛り上げてくれました。

たいへんな状況ではありましたが、結婚式を挙げられて良かったと心の底から思います。出席していただいたゲストの方、会場のスタッフの方、また両親、兄弟、そして妻に感謝です。



欠席者したゲストの方からも沢山の祝電をいただきました。祝電についてきたぬいぐるみは、写真やウェルカムボードと一緒に玄関に飾っています。



結婚して心機一転、仕事に励んでいこうと思います!

copyright (c) 2015 funakichi katekyoshi All right reserved.