明治時代 B (近代的な国際関係/)

つぎの問題をよく読み解答してください。解答がおわったら採点ボタンを押してください。漢字で答えるべきところ全て漢字で答えましょう。

問01 琉球王国は、江戸時代に薩摩藩に事実上支配されながらも、清を宗主国とする関係を結んでいた。1879年、政府は軍隊の力を背景に、琉球王国の人々の反対をおさえつけて、沖縄県を設置した。 このことを何というか。 答え:
問02 1871年に清と互いに対等な立場で結ばれた条約を何というか。 答え:
問03 清と朝貢関係にあった朝鮮国は、国交を結ぶことを求めた日本の要求をこばんでいた。明治政府内では武力で開国をせまる主張が高まった。この主張のことを何というか。 答え:
問04 問03の主張により、1873年に朝鮮への使節の派遣が決定された。しかし、欧米から帰国した岩倉具視や大久保利通(岩倉使節団)は朝鮮国の開国をせまるよりも、日本国内の充実が先であると考えた。 その結果、政府は分裂し、使節派遣を主張していた西郷隆盛や○○○○などは政府を去った。○○○○に入る人物名を漢字四字で答えよ。 答え:
問05 1876年、前年の江華島事件をきっかけに、清の宗主権を否定し、独立国と認める条約を結び、朝鮮を開国させた。この条約を何というか。 答え:
問06 日本の開国以来、樺太(サハリン)は日本とロシアとの間で、どちらの領土かが不明確であった。 1875年にロシアと条約を結び、ロシアに樺太の領有を認め、千島列島のすべてを日本領にすることで、両国の国境を確定した。 このときに結んだ条約は何というか。 答え:
問07 問04のあと、大久保たちが行った政治への批判が強まり、士族たちが西日本を中心に各地で武力蜂起した。 1877年に西郷隆盛が中心となって起こした戦争を何というか。 答え:
問08 問07の戦争で勝利したのは、西郷軍と政府軍のどちらか。  
 
問09 問07の戦争後、旧薩摩、長州藩出身者などによる政治(藩閥政治)への批判は言論によるものが中心となり、 国民が政治に参加する権利の確立を目指す運動が広まった。 この運動を何というか。 答え:
問10 問09の運動の中心人物であり、1974年1月、民撰議院設立の建白書を提出し、こののちに高知に政治結社の立志社を結成した人物はだれか。 答え:
問11 1878年に地方制度が大きく改革され、府県に議員がつくられると、商工業者や地主なども自由民権運動に参加するようになった。 1880年、国会の開設を求めることを目的に大阪に結成された同盟を何というか。 答え:
問12 問09の運動が高まりにより、政府内でも憲法の即時制定と国会の早期開設という急進的な主張をする人たちがあらわれた。 その中心となった人物は誰か。 答え:
問13 ○○○○は、問09の運動が高まったことで、政府がたおれることを心配し、問12の人物を政府から追い出し、10年後に国会を開くことを約束した。 この人物名を答えなさい。 答え:
問14 国会開設の約束を勝ち取ったのち、問09の運動は政党の結成へと進んだ。板垣退助を党首とする政党を何というか。 答え:
問15 大隈重信を党首とする政党を何というか。 答え:
問16 1882年に大隈重信が設立させた東京専門学校は、現在の( )である。  
 
 
 
copyright (c) 2012 funakichi katekyoshi All right reserved.