家庭教師ふなきちの授業方針について。(福岡市 古賀市 粕屋 久山 篠栗 宇美 須恵 新宮)

ホーム > 授業の方針

 家庭教師ふなきちの理念

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

集団型の学習塾にはさまざまな点で限界があり、家庭教師の重要性を実感しています しかし、家庭教師は費用が掛かり、ハードルが高い印象があります。 そのため、ご家庭の費用負担を最低限に抑えることのできる 個人契約の家庭教師の必要性に気が付き、運営を始めました。

さまざまな社会問題を抱える日本社会において、次世代の育成は重要です。 一人でも多くの子供に、自ら考える力を育み、目標に向けて頑張ることの楽しさを伝えたいと考えています。

基礎学力アップ志望校合格不登校の支援を行い、 疾風怒濤の時代と呼ばれる思春期を謳歌することのできるように、全力でサポートします。

 家庭教師ふなきちの目標

  • 学習塾では受けられない、生徒の状況に添った学習支援
  • 学生家庭教師の指導よりも質の高いプロの指導
  • 個人契約ならではの価格を抑えたサービス提供

家庭教師ふなきちの基本指導方針

@ 理解できるまで丁寧に指導

勉強がわからなくなる理由は、授業が理解できずにそのままにしてしまうからです。 「授業についていけない」、「成績がよくない」からと言って、「勉強の才能がない」わけではありません。 理解できるまで、根気よく指導します。

A 宿題での反復練習で確実に定着させる

学力は一朝一夕で身に付くものではありません。 初めて学んだことは、繰り返し練習しないとすぐに忘れてしまいます

新しく学んだことを定着させるために授業後の宿題が必要不可欠です。 宿題は、授業と1セットと考え、必ず行うようにしてください。

B 答えは教えない(自ら考える力を養う)

自ら考える力を身に着けてほしいので、分からない問題の答えを教えることはありません。 その代りに答えにつながるヒントを与え、自ら答えに行きつけるように導きます。

定期テストや入学試験では、自分の知識と考える力だけを頼りに問題を解かなければなりません。 自ら考えて問題を解く練習を普段の授業で身に付けることを目標とします。

C 頭ごなしにどなったり、強制的な勉強はさせない

頭ごなしに怒鳴って、勉強を強制しません。 「宿題をしないと怒られるから」「成績があがらないと怒られるから」という理由で勉強をしても、生徒さんは成長できないからです。

もちろん宿題をしていないことが続けば、厳しいことを言うこともあります。 その結果、泣いてしまう生徒さんも過去にいました。 生徒さんは辛い思いをするでしょうが、それは私も同じです。 明るく楽しく指導したいけれど、共に頑張って目標を達成させるためには必要なことなのです。

D 不登校の生徒さんへの指導

学校復帰・卒業後の進学時・社会生活において、必要な知識・学習指導を行います。 学習の中で得意分野・興味分野を作り、学びに楽しみを感じられる指導を行います。

また生徒さんにとって指導の合間にする雑談は、家族以外の人との繋がりとして必要です。 単に勉強を教えるだけではなく、コミュニケーションを大切にしたいと考えています。

profile
side_mypicture
家庭教師: 船木 淳一
プロフィールはこちらから。
Contact
copyright (c) 2012 funakichi katekyoshi All right reserved.