塾と家庭教師のメリット・デメリット

top
ホーム > 塾と家庭教師のメリット・デメリット

塾と家庭教師のメリット・デメリット

はじめに

今回は塾と家庭教師のそれぞれの特徴、メリット・デメリットについて書いていこうと思います。

まず、単に塾、家庭教師といってもさまざまな特徴があります。 塾であれば、大手の学習塾から個人の学習塾がありますし、 家庭教師であれば家庭教師派遣会社に登録している人や私のように個人で業務を行っている家庭教師もいます。

その特徴を掴んで、ご家庭、お子さんに合った選択をすることが重要だと思います。

塾のメリット・デメリット

塾のメリット

  • 多くの同級生と競争しながら勉強できる
  • 独自の試験が行われるため、自身の学力を把握しやすい(大手の場合)
  • 受験や高校に関する情報提供量が多い
  • 比較的安い費用で全教科をフォローできる

塾のデメリット

  • 塾内での競争があるため、競争を好まない子どもに不向き
  • 生徒一人一人の状況に応じた指導ができない
  • 集団のなかでは集中できない子には不向き
  • 塾の行き帰りの手間と誘惑(寄り道、買い食いなど)
  • 保護者と塾のコミュニケーションが希薄になりがち

まず、塾は競争しながら勉強できるのが最大の特徴と言っても良いでしょう。 試験によって順位がでてくるので、切磋琢磨し成長できる子どもにとっては、格好の学習環境です。

しかし、逆に順位をつけられるのを極端に嫌がる子もいます。 中には、このご時世でも順位と氏名を公表して教室に貼りだす塾もあるそうです。 競争が苦手な子にとっては堪ったものでありません。 また、1人でいるときは、割と集中して勉強できるけれど、友達の前では私語をしたり周りにちょっかいを出したりする子には不向きです。

また、生徒1人1人の学習進行状況が把握しにくいので、わからないまま置いてけぼりになってしまうケースもよくあります。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師のメリット

  • 1対1の指導の為、質問がしやすく、解からなければ解かるまで指導ができる
  • 苦手な数学だけの指導などの生徒個人にあわせた指導が可能
  • 教師が生徒の学習状況(得意、不得意など)を把握できる
  • 家庭で指導が行われるため、移動時間も気にせず勉強に集中できる
  • 家庭教師とのコミュニケーションが取りやすい。

家庭教師のデメリット

  • 教師と生徒との相性も考えなければならない
  • 1対1の指導のため競争が生まれにくい
  • すべての教科を指導できる教師が少ない
  • 指導が受けられなくなった場合、引き継ぎの教師が見つからないことがある
  • 塾と比べて料金が高い

家庭教師の特徴は、何と言っても1対1の指導であるということです。 大勢の授業では質問できない子でも、家庭教師には気軽に質問できます。 また教師側も生徒の学力状況を把握でき、生徒ひとりひとりに合わせた指導ができます。

逆に塾とは違い競争が生まれにくいという問題もあります。 競争を好まない子どもにとっては良いのですが、競いあい伸びる子にとっては必ずしも良い環境とは言えません。

また科目ごとに指導を受ける教師を変えることが難しいというデメリットもあります。 5教科指導できる家庭教師でも、科目によって得意、不得意があります。 特定の科目ではなく、5教科を満遍なく指導を受けたい場合も家庭教師による指導は不向きと言えるでしょう。

教師とのコミュニケーションが取りやすいというのも、家庭教師の特徴の1つです。 また、学校の授業や行事に配慮した指導も可能です。

おわりに

今回は、塾と家庭教師のメリット・デメリットについて書きました。 ひとりひとり個性があるのですから、お子さんにあう学習サービスを選んであげるのがベストだと思います。

(2012.5.19更新)

copyright (c) 2012 funakichi katekyoshi All right reserved.