高校生への指導方針についての説明(福岡市 糟屋郡 数学 高卒認定試験、センター試験 大学受験 通信制高校)

ホーム > 高校生への指導方針

 高校生への指導内容

数学(1A, 2B, 3)

大学入試、センター試験対策

定期テスト、検定試験対策

通信制高校に通う生徒への学習サポート

高等学校卒業程度認定試験の対策

 こんな生徒さんにプロの家庭教師の指導がおすすめ!!

数学の苦手意識を克服したい

高校数学は年間で教科書を2冊すすめるようになり、中学数学と比べて学習量が2倍になります。 さらに、論理性の高い複雑な問題が数多く出題されます。 数学は一度つまづくと、どんどんわからなくなる階段式教科です。 そのため高校数学をしっかりと理解するためには、学校の授業の前に予習をしておくことが必須です。 学校の授業前に予習形式で数学を学んでいきます。

大学・専門学校・公務員試験などの受験対策 センター80%以上

文科省の調査によると、高校生の半分が、嫌いな教科に数学を挙げているそうです。 文系クラスに入れば、嫌いな数学を少しでもやらなくて済むと考える高校生は多いようです。 しかし、数学は専門学校や大学進学時や公務員試験などの数学の能力を問われる機会は少なくありません。 受験の過去問をベースに数学の復習を行い、センター試験で80%以上の点数を目標に指導を行います。

推薦入試で大学に進学したい 高校の評定対策

現在、入学者のうち、国公立大学では15%、私立大学では40%が推薦入試によって入学しています。 推薦入試では評定(成績)によって、推薦する生徒の校内選定が行われます。 また大学での合格者の選抜にも高校での評定が影響を与えます。 家庭教師では定期テスト、また英検、漢検、数検などの検定試験の対策を行います。

通信制高校に通っているが、なかなか勉強が進まない

通信制高校は自学自習が基本です。しかし、自分の1人の力だけで勉強を続けることはとても難しいことです。 実際、独学で勉強している生徒のうち、3年間で卒業できるのは全体の20%程度です。 また通信制高校に通う生徒のうち、50%は一日の学習時間が30分未満という調査結果もあります。 より効率的に学習できるようにサポートします。

高校卒業程度認定試験に合格したい

近年、高校卒業認定試験の合格率は上昇しつつありますが、それでも50%未満です。 これは試験難易度が高いからではありません。 しっかりと勉強しておけば、十分に合格することが可能です。 家庭教師のふなきちでは、高校卒業認定試験の対策を過去問を用いて指導します。 また必要であれば中学生のべ学習内容から丁寧に復習をします。

profile
side_mypicture
家庭教師: 船木 淳一
プロフィールはこちらから。
Contact
copyright (c) 2012 funakichi katekyoshi All right reserved.